トップイメージ

車の査定額を損をせずに高くするには、、クルマを売る時期タイミングというのも関係があります。

こちらから店へ車を使って見積もりをすることなくオンラインで自動車買取専門店に査定の確認をお願いすれば査定価格を提示してくれますが、所有するマイカーをできるだけ損をすることなく処分することを思いめぐらせれば、、注意点があります。

どういったものがあるか考えると、一番は走行距離でしょう。

中古車にとっての走行距離は中古車に対する買い換え金額の査定において大事な基準とされる指標なのです。

どのくらいの走行距離で売りに出すのが望ましいかという話ですが、自動車の査定額に影響する基準は5万kmという話ですからそのラインをオーバーするより前に査定をお願いして売ってしまうのが望ましいでしょう。

走行している距離が40000kmと100000kmではご存知の通りで、中古車の売却価格は評価が異なるはずです。

二つ目に、車検も重要です。

周知の通り車検というのはお金がかかりますから車検までの時間が長いほど査定は上がると思えるのが普通かもしれませんがそのようなことはなく、本当に車検時期は車の買取査定にはそれほど相関性がありません。

このことは実際にやってみたら良く理解できるはずです。

車検時期が近付いてきた車は売る時期としてはいいタイミングということです。

逆に、査定を高額にするために、車検直後に見積もりしてもらおうと考えるのは車検代が勿体無く、あまり査定に響かないということになります。

その他に業者に自動車を引き取ってもらうタイミングとしては2月と8月が狙い目です。

なぜなら、買取業者の期末が3月と9月というところが結構多いからです。

ですから例えば1月に売ろうとしたら少し待って2月に中古車の見積もりを専門業者に頼んで売るのも良い方法です。

それぞれの都合もありますから、皆が皆こうした機会に売るなどというわけにもいかないでしょうけれども、可能であればこういった時期を狙ってみると良い結果になりやすいと思います。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.fakelog.net All Rights Reserved.