トップイメージ

カードを使用不可能化することそのものは呆気にとられるほど取っ付きやすいことですが、使用取りやめにする手続きを行う前に注意しておきたい何個かの注意点などについてもわかってしまえば、クレジットカードの解約の作業をトラブルなしに進めることが簡単になるだろう。

列挙して述べてみましたので参考にして下さい。

クレジットカード加入を完了させた後半年も経たず即試用不可能化は非推奨》クレジット申請したすぐ後いきなりそのクレカを契約解除申請すると契約すべきでない人間としてカード会社によって処理されるという事故が起こってしまいます(例えば度々申請、試用不可能化というやり取りを行ったケース)。

あり得そうなのは加入サービス・ポイントを得る目的である契約の際にはギフト券もしくはサービス・ポイントというような契約時の優待権を全て享受したということですぐに解約の手続きをしたくなってしまう考えもわかる。

そうは言ってもクレジット取扱会社の論理を基準にして推し量ってみればそういった利用者にはもう決して自社の提供するカードを自分勝手に使用されて欲しくないと結論を出すのは納得するしかないでしょう。

だから、契約時の限定特典以外に魅力を感じずにカードなどを作ってみたとしても、直ちに登録解除手続きを行わずにまずは1年の半分、許されるならば登録後365日にわたってカード自体を使用可能な状態にして登録解除はその後に行うように推奨したいと思います。

他には作成特典のみに限ったことではなく、同様に契約してはみたがいつ使えばいいかわからないので早く契約を解除したいというようなケースに及んでも最低でも6ヶ月以上は届いたカードを持ちするようにしておくべきです。

登録するの方で考えているのとは裏腹にクレジットカードという品物を確認作業等を含めて作る際にかかる経費というものは避けられないものだと割り切ってせめてものお詫び・・・などというように考えて頂けるとクレジット会社も助かるように思います。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.fakelog.net All Rights Reserved.