トップイメージ

間接クレジットカードの手法は容易です。

クレジットにおいてダイレクトに買えない販売物を直で買うというやり方ではなく二次的に注文するのがいいのです。

概略が容易なのでまずは券の事例を採用して話してみたいと思います。

男性が高価な服を購入したいと思案して立ち止まっています。

買いたい一流のバックを市販しているショップでは買いたくてもクレジットで取引することが出来ません。

けれどもMasterCard、NICOSなどののギフト券でなら取引する事を承諾してくれるといいます。

なので若者はカードでギフトカードを注文出来る金券販売店に訪ねカードを利用してVISA、NICOSなどののギフト券を買い付けしました。

そうして使用したクレジットカードを使用して買い取ったVISA、NICOSなどのギフト券を売店に持っていき手に入れたかった一流のカバンを注文したとします。

「一体どうしてその男性はそうした手間をとらせるやり方をしなければいけないの?」と訝しむ人もいるでしょうが上記で述べた手法を活用するのだったら一般だったらもらえる事はないクレジットポイントがつきます。

通常、お金を払って一流のアクセサリーを取り寄せしたりした時はカードポイントは貯まりませんし、American Express、NICOSなどのギフトカードを即金で買い付けした後活用しても貯まりません。

ところが上記で述べた例ではMasterCard、NICOSなどのギフトカードをクレジットカードで買い付けしたので、有名な銘柄のバックを買い付けした時と等しい量のクレジットカードポイントが得られるのです。

こういう状態が直接でないようにカードローンを使った事になるので間接的クレジットカードと名づけられた進め方です。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.fakelog.net All Rights Reserved.